グロリズム界隈

No Game! No Life!   洋ゲーやってる?

貴様!嘘をついているな!、、え、ついてない?あぁそう、、

どうもです。

早速ですがやっとこ受け取れました。



日本版XBOX360/L.A NOIRE
アジア版XBOX360/BRINK

ブリンク
はとりあえず購入でまだやってません。

今日の主役はL.Aノワールですよ。ノワール。
ロックスター
の新作である刑事もの箱庭アドベンチャーゲームです。
でも開発はロックスターじゃないのかな?よう分からん。

1940年代のロサンゼルスを完全再現したと言われる箱庭は、
何と言うか流石としか言えませんw
でもね、
それよりも何よりもモーションスキャンという最新技術によるフェイスアニメーションです。
これ凄すぎるw
久しぶりにまじで鳥肌立ちました。
本当に表情で分かります。相手の感情が。
とりあえずこんな感じで。



あ、嘘ついてるw



これは本当の事を言っている、、多分^^;



的場浩司w


こんな表情がリアルタイムで様々に変化していくのですよ。
これによりこのゲームの売りの一つである「尋問シークエンス」が最高に楽しいです。
RDR
では最高の「」と「砂埃」を見せてくれましたが、
今作は兎にも角にも「表情」です。
何回も言うけどまじで凄いぞ本当。
超自然なしかめっ面からちょっと唇を噛んでみたり、、みたいなさ。
地味に感動したのは「目の動き」と「まばたき」ですね。
それはもうあまりにも自然すぎて普通に感じながらも、、
「ん?これめっちゃ凄くないか?」的なw
後、ボイスアクトも雰囲気めちゃめちゃあって最高です。
ロックスターブランドなんで海外版もそのうち買うけど、
今までの作品よりかなり言葉が重要なので日本版が早く出てくれて嬉しい限りですね。

規制は結構ありそうだけど、どうなんだろう。
セクシャルなサムシングがあるならば確実に規制あるだろうなぁ。
ってかそこお願いしますw海外版買う楽しみが増えるので。
操作感は今まで以上にもっさりでした。

では街並みなんかをどうぞ。



相変わらず雰囲気作り上手すぎる。



これぞアメリカンハウスw


ここまでは文句無く素晴らしい部分です。
モーションスキャンを体感するだけでもマストバイ間違いなしです。

ただ、少し思う所もあります。
それはゲームとしてみた場合はGTARDRの方が圧倒的に面白いかなぁ、、とw
何かいまいち箱庭を生かせてないし、
まだ序盤だからだろうけど、ゲーム的「遊び」の部分が結構少ない気がしますね。
もう本当に。「このキャラの表情を見よ!!」みたいなゲームです。
GTARDRみたいな開放感や自由を感じれないゲームデザインです。

遊んでて「楽しい!!ワクワクするーーっ!!」ってのが足りないのかなぁ、、


でも、マストバイだからこのゲーム。
まじ凄いからこのゲーム。
とりあえずやってみて、、溜め息出るよw
もちろん良い意味でね^^



尋問シーンでだけフェイスモーション凄いのかなと思ったら、
リアルタイムで凄かったw
後、地味に家の中の作りこみもハンパないよ。
窓が開いてる所のカーテンがそよそよ揺れてたりw
あまりにも自然に作りこんでるからさ、ちょっと時間経ってから気づくのよね。


ゲームから伝わってくる熱量が凄いです。熱い熱いw


95
点!


ゲーム画像は是非クリックしてみてください。大きくなりますので。



お次は手前味噌ではありますがこれです。


書籍/ハンターズクロニクル

本屋で売ってたので購入。実際店頭で見た時は妙な感覚でしたw
そして三才ブックスさんからも1冊頂いたので、
アマゾンで注文してたのも合わせて家に3冊ありますw
まぁいいさ。
Takoyan
の名前で書かせて頂いてもらってますので、是非読んでみてくださいませ。


最後に、何と言うか、遂にと言いますか、、始めちゃいました。

ツイッター


_Takoyan_
でやってまして、
しょうもないつぶやきばかりですがこちらももし良かったらどうぞよろしくです。
ちなみに、
僕のツイッターページ背景のブラッドレインさんは一見の価値ありですよ〜(知らんけどw)



それにしても今夜ウーヴェ・ボケ監督のアローン・イン・ザ・ダークがテレビでやるね。
皆あれをみて是非癒されて下さい(もちろん僕は見ないよ)。


こんな感じ

でわ〜


今、色々と思案してます。
僕はやりますよーー!(いきなり)
色々と発信できればいいなぁと思ってます。
もちろんビデオゲーム系でね。
何かと言いますと、今月末に同僚にパソコンを組んでもらうのです。
遂にパソコンを新調するのですが、
どうせならと、かなりのスペックで組んでもらう事にしました。
ゲーム動画を撮ったり色々出来る様になる、、、つもりですw
パソコンあっても使い手の僕がヘボいのでどうなるか分かりませんが。
とにかくゲームが好きなんだよ僕は!たまらないんだよ!


No Game! No Life!





画像多めでいきますよー。大体そういう時はエロいかグロいんだこのブログ

どうもです。

突然ですが、
今までこのブログにのせてきた写真はショボい携帯で撮った写真だったんですが、
この度、というかそろそろデジカメの1つ位は欲しいなと思い今日買ってきました。
まずシャッタースピードが超早くて撮りやすいですw
あと、当たり前ですが携帯より綺麗に撮れる^^
キャプチャ環境は相変わらず無いですが、
これからは今までよりちょっとはましな画質でゲーム画面を紹介できると思います。



こんな感じの画質になりました。
クリックすると結構大きくなると思います。
携帯で撮るより僕が実際目で見てる色味に近いですね。
ブログ更新のモチベが少し上がったぞw


そんな訳でシャドウ・オブ・ザ・ダムドをやってます。

英語なんで何を言ってるかはわからないけど、
このゲーム、基本的にシモネタだらけな気がするw

そしてボスを倒すと青色のジェムを落とすんですが、
これで武器であるジョンソンがパワーアップしていきます。
ただ、ちょっと強くなりすぎな気がしますがw



照明弾の溜め撃ちができる様になり、真ん中の爆弾を撃つと爆発します。



マシンガンがパワーアップしてこんな事にw
これめちゃくちゃ強いです。


そして噂のチャプター4にやって参りましたよ!



これがチャプター4への入り口です。
あのお尻にかぶりつ、、飛び込め!


すると中には公衆電話があり、電話口からは甘い囁きが、、
ジョンソン
がこれを聞くと、、、エレクトーーーッッ!!!

え、意味が分からないって?
大丈夫、僕も分からないw



ジョンソンが伸びたーー!ってか勃ったーーw



勃ったジョンソンで巨大デーモンを倒していく固定砲台ステージに。
あんま面白くなかったw


そして、そして遂にやってきました。
日本版は大物俳優女優による(浅野忠信、栗山千明他)吹き替えが決定しましたが、
それはさて置き、規制確実な場面の登場です。
何と言うかステージの一部がガルシアの彼女のポーラさんですw
ポーラ
の身体がステージの一部と言いましょうか。
まぁとにかくどうぞw



何かめっちゃ巨大なポーラが妖しい事にw
そして艶かしい声を上げながら寝転ぶ形に、、進んで行くと、、、



買ってよかった。



本当に良かった(ただのアホw)。



でも悔しいかなこのステージ全てが「闇」なんですよね。
だから長居をしてると死にます。
ここで長居しすぎて回復薬であるテキーラをガブ飲みしたのは絶対に僕だけじゃないはず!
ってかここが一番回復薬使ったステージです今の所w


このゲーム、かなり簡単なんですよね^^;
武器が強すぎて、弾もかなり落ちてるんで弾切れの心配ないから撃ちまくりだし。
武器の攻撃力だけアップグレードしてると相当難易度下がると思います。
まぁポーラステージは強敵だったけどw

クリア後の引継ぎも無いみたいだし、
イベントシーンは全く飛ばせない(コンテニュー時も飛ばせない)からリプレイ性は低そうです。
それにしても本当にイベントが飛ばせない仕様やめてくれないかなぁ。
見せたいのは分かるけど面白かったら飛ばさないし、
ってか1週目は飛ばす人なんていないでしょうにねぇ、、、
個人的にはこういう仕様やローディング時間とかはかなり評価に響きますね。
やっぱ基本的にゲームデザインは「快適」でないと駄目だと思うんだよなぁ。


レベルデザインは短いステージの連続でテンポ重視なのに、惜しいですね。
でも続けてしまう魅力は確かにある。
結局は良くも悪くもSUDA51の作品と言う事でしょうw


こんな感じ

でわ〜




それにしてもポーラさんは基本的にこんなんや、、



こんなんばっかりで可哀相ですw


«  | HOME |  »

Calendar

02 | 2017-03 | 04
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Powered by ついめ〜じ

Appendix

Takoyan

Takoyan

洋ゲーフリークいらっしゃ〜い!

・カテゴリ説明
所有洋ゲー>まんま^^
グロリズム界隈>洋ゲーレビュー
ごって個人的神ゲー様>神ゲー
ピコピコやってる?>ゲーム日記
散財バズーカ!>ゲーム購入記録
ダイアリーやん>まんま^^


Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

ブログパーツUL5