グロリズム界隈

No Game! No Life!   洋ゲーやってる?

Greenグリーン/EVILDEAD REGENERATION#2

Greenグリーン
それは旧箱洋ゲーを日本版360本体で遊び、その雑感を書いていくという事らしい。


前回からの続きで今回も360でやるEVILDEAD:REGENERATIONです。

死霊のはらわた2をベースとしてゲーム化したのがEVILDEAD:REGENERATIONな訳ですが、
ストーリーは完全にオリジナルです。
しかし、
ストーリーはオリジナルでも演出面で上手く原作を再現しているところが素晴らしいですね。
タイトル画面で悪霊にとりつかれたリンダ(アッシュの恋人)が軽快に踊ってるのを見れば、
期待せずにはいられなくなると思いますよw


死霊に取り付かれた友人を殺した疑いで、
精神病院へ入れられたアッシュ、、
そしてこれまたベタな展開でその病院のドクターが死者の本を使っちゃったw

でわゲームの続きがスタート!

裸一貫で始まりますが弾数無限のピストルで進んでいけば、
押収されてた血だらけのチェーンソーショットガンをゲットです。
こんな物騒なモノを律儀にダンボールで保管してくれてるのって、、考えると凄いw

ここの武器、装備の装着シーンは必見です。

戦闘シーンでは基本的に敵の攻撃は避けやすいですが、
喰らうとかなりダメージが多い感じのバランスです。
今回久しぶりのプレイだったので画像を撮ってたら死にましたからw
5〜6発喰らうと死ぬ感じかなぁ。

そして謎解き登場、、
地面を這う放電した電気、、
渡れない、、
隣の部屋をみると、、
何やら実験されてるっぽい人発見!



うへぇ、、

部屋にあるレバーを引くと、、
されてるっぽい人が超感電w
そのお陰でショートを起こし放電してた電気が消えてくれました、、ご愁傷様です。
どうか恨まないでね、、


そして進むとボス登場、、



やっぱ、、ですよね〜^^;


ボス戦は通常戦闘とは一味違い(本当に一味だけ)結構楽しいです。
例えばこのボス戦では、
っぽい人が帯びてる電気が床の水場に伝わり、ダメージエリアになるので注意が必要です。
さらにボスの纏ってる電気に触れると即死なのでさらに注意です。


んで、、



こうなりました、、



そして、、
そうです!
いよいよこのゲームのマスコットであり、
ゲームに深みと笑いをもたらしてくれてるナイスガイの登場です。

不死身のちびゾンビ「Sam」です。




サムの存在で100%完全にこのゲームがコミカルである事が分かりますw


アッシュ
サムの掛け合い、
サムの扱いのひどさが最高に笑えます。
ちなみにサムの声はサム・ライミの弟テッド・ライミが演じてて、
さらにこのゲームの価値を上げてますね。


サムは戦闘中は勝手に死霊と戦ってくれますが、
サムのケツを蹴っ飛ばせば死霊に飛びついて首を引っこ抜いたり、
ガードの固い敵をよろけさせたりと大活躍です。
ここまでは良きパートナーって感じがしますが、、



スッポ〜ン!!

サムの不死身という特性をいかしたアクションが出てくるようになります。
・巨大プロペラに蹴り飛ばしてみたり
・火葬用巨大オーブンに蹴りこんで焼いてみたり
・バスケットゴールにゴールしてみたり

もちろんサムはバラバラ肉ミンチになりますが、
不死身なので土から出てきて何度でも復活しますw



楽しくて何度もやってしまう、、だって何度も復活するからさw


サムと交代できるシンボルがある場所では操作キャラクターがアッシュからサムに代わります。



こういうサムしか入れない場所で大活躍です。


こんな感じで久しぶりに遊んでみたんですけど、、
戦闘部分は1時間も遊んでるとお腹いっぱいになってきますねw

演出が素晴らしいので1週目は最高に楽しめると思います。

道中に落ちてる死者の書の1枚を拾うと様々な特典がアンロックされます。



ブルース兄貴が熱く語ってます。
あぁ、これだけでも日本語字幕で見たい、、


是非ともこのゲームを遊ぶ前に原作を見ることをオススメします。
まぁ洋ゲー(スプラッタな)好きならすでに見てる人が多いと思います。
ゲームの方も今なら安価でゲットできるので、
日本版360で遊べる事を考えるとコストパフォーマンス高いと思いますよ。



死霊のはらわた3・キャプテンスーパーマーケットはどこ探しても出てきませんでした、、
中世ヨーロッパにいっちゃったかな?w


さらに、EVILDEAD:REGENERATIONはHDTV対応(結構珍しい720p対応)なので、
家のTVはSDだけど、普段PCモニタで360を遊んでるって人にはやる価値十分、
最高に楽しめるはずです。


Greenグリーン
的評価、最高★5個で、

EVILDEAD:REGENERATION ★★★★☆




Greenグリーン/EVILDEAD REGENERATION#1

Greenグリーン
それは旧箱洋ゲーを日本版360本体で遊び、その雑感を書いていくという企画でございます。


第1回となる今回はサム・ライミ監督のデビュー作にして超名作、
世のホラー映画好き青年を熱狂させたスプラッター映画、
EVILDEADシリーズのゲーム化企画第3弾!

北米XBOXソフト「EVILDEAD REGENERATION

です。




邦題では死霊のはらわたですが、
この映画を観たこと無いって無粋者はまず近場のレンタル屋で借りてきてください。
とりあえず1と2を見ればこのゲームに追いつけますw

ハイッ、
そんな訳で360で起動してみたところ問題なく遊べました。
ワイド画面で遊んでみるとSDTVで遊んでた時とはダンチの迫力!
ちょっと待てよ、、
「死霊のはらわた20周年アニーバーサーリーDVD」では、
映画版が16:9ワイド表示にて生まれ変わっていたよな、、
今日という日が来るのを暗示していたのかぁ、、ゾゾッ(アホ)!!

死霊のはらわたと言えば、サム・ライミ、、うん、確かにそうだ。
サム・ライミは偉大な監督だ、、
でもやっぱりブルース・キャンベルに始まって終わるのが死霊のはらわたなんですよ。
サム・ライミの才能に身震いしながら、
ブルース・キャンベルのがむしゃらさを愛でていく、、
それが死霊のはらわたなんです(個人的にだよw)。

そんなゲームな本作、
主人公アッシュの声はもちろんブルース・キャンベル本人が演じてます。
これだけでもうね、、ねぇ?

銃身を短くしたショットガンと失った右手首に装着したチェーンソーを武器に、
ひたすら悪霊共を殺して、殺して、殺しまくるアクションゲーム。


ってな訳でゲームがスタート!


始まりは山中のぼろ小屋、、



ここから全てが始まります。

ゲームがスタートしたら、
とりあえずBボタンを押してみます。
右手のチェーンソーが轟音をあげて悪霊共をぶち殺してくれます。
次いでXボタンを押します。
ショットガンが悪霊の頭を吹き飛してくれます。
悪霊に攻撃を加えていくと悪霊がグリーンの光に包まれます。
気合を入れてYボタンを押してみます。
アングルが変わりフィニッシュムーブにより悪霊を木っ端微塵にしてくれます。
フィニッシュムーブは結構な数があるのでアッシュの格好いい所を存分に堪能可能です。



もちろんレーティングマチュアなので悪霊共はこっぱ微塵ですよw
頭も手足も胴体も肉片となって吹き飛びます。
この肉片がすぐ消えるのもある意味リアル、、なのかな。


そして、EVILDEAD REGENERATIONは演出が本当に素晴らしい。
サム・ライミの演出を変な改変をせずに素直に使ってるので、
オリジナルのもつ雰囲気がよく出てます。
地を這うカメラアングルももちろん健在、、ちょい使いすぎだけどねw

悪夢、、この言葉がぴったりな世界観。
一見コミカル(2の中盤以降は本当にコミカルなんだけどw)なんだけど、
芯の部分はやっぱりホラーなんだよね。
実際、死霊のはらわたは今見てもめちゃめちゃ怖い。
まぁアッシュの場慣れした余裕な感じも凄く心地いいんだけどねw



ニヤリとしちゃうけど、生理的にめちゃくそ怖いんだよコイツw


んで、本当に久しぶりに遊んだけど、
チェーンソーやショットガンで敵を攻撃した時の手応えも重たくて爽快です。
何気にコンボも結構な数がありますね。
使い分ける意味があるのかは知りませんがw



例えばBB、BBXコンボ。
3発目のBをタイミングをずらして押すと発動するコンボです。
チェーンソで斬って斬って斬り上げた悪霊をショットガンで空中分解ミンチ、、
いつ覚えたんだアッシュw


手応えはいいんだけど正直、バトル部分は大雑把な作りですね。
でもそれがイイ!それでイイ!
難易度も低めで存分に暴れる事が出来ますね。


チュートリルが終わればいよいよ本編開始です。

、、、アホなサイコ博士が死者の本で悪霊を呼び寄せちゃった、、
何てありがちな展開w




右手首の包帯がカッコイイぜ。
でも本当、こんなキャラじゃなかったのにw



武器無しじゃ落ち着かない様子、、


道中は偶然ゲットしたピストル一つで突き進んで行きます。
弾切れの心配はないのでひたすら撃ちまくればOKです。
無事に死体安置所まで辿りついたら、、




チェーンソー&ショットガンと再会!
オマケに傷まで復元されてるw

道中に拾ったピストルもボタン一つでいつでも変更できます。
まるでデビルメイクライw
いやぁ、これ楽しいわ!


遊んでる最中、
これ今、360で遊んでるんだよなぁ感が凄かったです。
なんか懐かしくて北米XBOXで狂った様に遊んでた頃を思い出しました。
ワイド画面で案外グラフィックが綺麗な事も相まって360ソフトやってる錯覚すら覚えましたよw
んで、やっぱこの企画は続ける価値がある!って事を自画自賛。

ブルース・キャンベル
を愛でるのが正しい遊び方だと冒頭で書きましたが、
同じく旧箱ゲーを愛でる行為として、
旧箱ゲー
360にぶっ込んで遊ぶってのは絶対アリだな、と思いました。
素晴らしい体験だこれは!
ただ単純にPCモニターで出来るってのがデカイのかもしらんけどねw

それはやった人に判断を委ねるとしよう。


さぁ、、ここまで読んできて(いるかどうかは別としてw)、
アナタが何の疑問も持たなかったならば、このゲームを今日、今まさに知りましたねw

そうですよ。
このゲームを語る上で絶対に外せないキャラクターがもう1人いますよね。

それについては次回に続く、、って事で。




ブルースキャンベルは最高だ。
ただただ最高なんだ。
モデリングもかなりの出来ですね。




う〜ん、、イイね^^


Greenグリーン/EVILDEAD REGENERATION#2へ続く、、

 | HOME | 

Calendar

07 | 2017-08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Powered by ついめ〜じ

Appendix

Takoyan

Takoyan

洋ゲーフリークいらっしゃ〜い!

・カテゴリ説明
所有洋ゲー>まんま^^
グロリズム界隈>洋ゲーレビュー
ごって個人的神ゲー様>神ゲー
ピコピコやってる?>ゲーム日記
散財バズーカ!>ゲーム購入記録
ダイアリーやん>まんま^^


Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

ブログパーツUL5